会津本郷焼|陶磁器のある暮らし。 2018-03-17T12:15:23+00:00

陶磁器のある暮らし。

歴史と文化

東北最古の焼き物の秘境、会津本郷。 多様な創り手の、一貫した想い。

会津本郷、瀬戸町。昭和の町並みが残るメインストリート、瀬戸町通りから分かれる細い道々に、13の窯元が点在しています。立ち並ぶ民家に溶け込んでいる窯元。訪れる人は、窯であることに気付かずに通り過ぎては笑いながら後戻り。時間と空間を行き来するような、迷路のような会津本郷焼の窯元巡りを楽しんでいます。

 会津本郷焼。東北最古で、全盛期は100を超える窯元があった焼き物の産地としては、あまりに知名度が低いかもしれません。会津という肥沃な盆地にあったために、地域内での需要で十分だったことと、自らの作品を売り込むことを避ける会津人気質が、会津本郷を焼き物の秘境とならしめたのでしょう。

 そんな知る人ぞ知る会津本郷焼の面白さは、13の窯元それぞれの個性の豊かさ。陶器と磁器が同時に作られること自体、産地としては珍しいものですが、さらに、本郷焼と総称してよいものか迷ってしまうくらい、作風も、方向性も、考え方も多種多様なのです。しかし今、それぞれの窯元が、会津本郷焼という稀有な産地を残すべく、ともに手を取り合っています。

 多様な創り手の、一貫した想い。それが、会津本郷焼です。 作風の違う各窯元が、伝統と歴史、そして時代性を取り入れて創り出した新作を集めました。創り手の想いを添えて。

歴史と伝統
陶器と磁器

会津本郷焼窯元紹介

お問い合わせフォーム

下記のフォームにご記入の上、「送信」ボタンを押していただき、送信完了です。
お問い合わせにいただいた情報は、本郷焼のみで使用させていただきます。
お客様の承諾なく、第三者に開示・提供することはございません。

イベント情報

まるごと美里ブログ

Follow On Social Media

ソーシャルメディアを通じて是非本郷焼に触れてみてください

会津本郷焼事業協同組合

〒969-6042 福島県会津美里町 字瀬戸町甲3162

電話: 0242-56-3007
Email: kumiai@hongoyaki.or.jp
Web: http://aizuhongouyaki.jp/